よく見かけるけど、どんな仕事?ドライバーの仕事とは

こんなこともやってます、トラックドライバー

トラックのドライバーの仕事の仕事は荷物を指定された場所に運ぶことです。運搬のエリアが広範囲ではない場合、一定の地域の中で運転して荷物を運ぶため、日中の時間帯が多いです。一方、長距離ドライバーとなると夜中に運転することが多くなります。ドライバーとなると荷物の移動にフォークリフトを使う場合や、海上コンテナのようなものを運ぶ場合には専門の資格が必要となるため、必要に応じて試験勉強を行い受験することになります。

街の人たちを安全を!バスのドライバー

バスのドライバーは一定の決まったバスのコースを走ります。ただ走るのみならず、乗客と運賃のやり取りをしたり場合によっては車いすの人の乗り降りの介助をすることになります。ある地域では、障害者の人が通勤するときにバスを利用する決まった時間に乗ったのかといったことを気にかけてくれるところもあります。もし、バスに乗ってこないようなときは少し道を見てくれたり、場合によっては通勤先に連絡してくれるところもあるようです。

困った人を手助けする介護タクシードライバー

介護タクシードライバーは高齢者や障害者でも乗り降りしやすいように改造されたタクシーを運転します。例えば、車いすに乗った人がそのまま乗り込めるようなタクシーで送迎を行います。入院していた人が次の転院先や入所先に移動するときに大変重宝されています。タクシーによっては、ストレッチャーのまま乗ることができるものもあり座った姿勢を取れない人が移動するといった場合利用されます。介護タクシードライバーも簡単な介助をすることもあります。

ドライバーの求人は業務内容によって賃金や拘束時間が異なる他、使用する車両も大きく変わります。その一方で安全運転を厳守する姿勢はすべての求人に共通しているので、求職の際には事前に把握しておきます。