実は知らなかった!?訪問看護の仕事とは?

日常生活の手助けをする仕事

訪問看護は、施設などに入所している人を介護する物と異なり、在宅での介護を行う仕事が主となっているんですよ。利用者によって健康状態は異なるために、その人に応じたケアプランを考える作業も必要になるでしょう。身体に障害が残っている人を介護する場合には、その人の動ける範囲でのリハビリを手伝う事も必要になりますよ。より社会的な生活を送れるように手助けをしてあげるという点が、介護士としてやりがいを感じられるはずですよね。

自宅以外でも介護を行う訪問介護

訪問介護と聞くと、利用者さんの家の中でのみ作業を行うイメージを持つ人も多いですよね。しかし、実際には家の外に出て介護を行うケースも多いんですよ。例えば、それほど身体能力が落ちていない利用者さんのケアをする場合には、一緒に出かけるという作業も必要になるでしょう。利用者さんにとっても、介護士と一緒に外に出かける事は安心感に繋がるために、出かけたい場所に自由に出かけられる訪問介護は需要が高くなっているんですよ。

緊急時のケアをする訪問介護

訪問介護の場合には、常に介護士が家に居るわけでは無いために、細やかな配慮が必要になるんですよ。例えば、訪問をした際に調子の悪そうな利用者さんがいれば、その状況を常に記録しなければならないでしょう。また、万が一介護士が居ないときに倒れてしまった場合には、すぐに介護士に連絡できる体制を作っておく事が大切になりますよね。訪問介護において大切な点は、利用者の健康状態を常に介護士が把握しておく事なんですよ。

訪問看護ステーションは、地域医療を支える専門家の集団として期待が寄せられており、近隣の住民の健康管理や医療機関との連携など、大きな役割があります。